yahooのSEO対策「サイトエクスプローラー」に登録してみた

Pocket

自分のサイトを作ったら、どうやって皆が自分のサイトに来てくれているのか
知りたいもの。というか、来てくれやすくしたいもの。
何と検索して来たのかなど、各検索サイトはサイトの管理者向けに統計を
見せてくれるツールを無料で出しています。


googleだとウェブマスターツール。google idが必要。
Yahooだと、サイトエクスプローラー。Yahoo JapanIdが必要です。

サイトエクスプローラー登録方法

Yahoo Japan IDを持っていなければ先に登録しておいてください。
で、
https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
にアクセスして
「管理サイトに追加」のとこに自分のURLを入力すると、
次のページでhtmlファイルをダウンロードさせられるので、
そのファイルを自分のHPの一番高い階層に配置します。
http://example.com/abc/
というサイトのURLを入力したら、
http://example.com/abc/aaaaaaaa
みたいな位置にファイルを置きます。実際のファイル名は違うけど。
で、サイト認証ボタンを押すと自分のサイトと認められ、
色々な情報が見れるようになるわけです。

無料レンタルHPでも使える

Googleが確かそうだったと思うのですが、
こういうのの認証はドメインを持ってないと出来なかったりするので、
Yahooが上のようなドメインの下の階層でHPを持っている人でも
サイトエクスプローラーを使えるようにしてくれているのは非常に良いと思います。

何が見れるようになるのか

以下のようなメニューがありました。
インデックス統計
インデックス状況
クロール情報
フィード
動的URL設定
インデックス操作
HPを以前から公開していてすでにYahooの検索に乗っている人は
「インデックス状況」でYahooの検索サーバに登録されている自分のサイトの
ページがどれなのか等が確認できます。
が、登録初日はまだほかには見れません。まずYahooのサーバがクロール
(自動的に自分のサイトを調べに来ること)してくるのを待ちます。
なので私も今登録したばかりで見れません。
メニューから察するに、予想では、何という検索を行ったときに自分のサイトが表示され、
そのうちどれがクリックされているかという解析や、
インデックスから検索結果に出したくないページを設定することが出来そうです。
見るだけでも、自分のサイトのどのページが人気なのかとか、
検索結果に出てるのにクリックされてないページなどを探して改善点を考えたり
楽しめると思います。
続きは後日。

続き

翌日、インデックス統計が見れるようになりました。
しかし、期待と裏腹に、検索語の統計ではなく、以下の統計がすべて数字で見れるだけでしたw
検知されたページ数
巡回(クロール)されたページ数
クロールエラーの発生したページ数
このサイトにリンクしているサイト数
このサイトのドメインにリンクしているドメイン数
このサイトからリンクしているドメイン数
このサイトのドメインからリンクしているドメイン数
このドメインのサイト数
こういうのって登録してみるまでも無く、そこらへんのSEOサイトに自分のURL打ち込めば
見れるものなのよね。。。
つーことで、YahooのSEOは当分考えないことに。

人気記事一覧

2 Comments

コメントを残す