JUNO-DiにUSBメモリを刺してみた

Pocket

USBメモリ挿したところ閉じたところディスプレイコントロールボタン
さて今日は買って間もない、マクロスFのライオンを弾こうとしてイントロしか
弾けなくて(楽譜持ってないので耳コピですが)挫折しているキーボード
JUNO-Diに、USBメモリを買ってきて刺してみました。
さして何が出来るのかというと、MP3とかMIDIファイルがキーボードだけで
再生できます。今のところ自分の練習のためにしか使うつもりはないですが。。。
買ったUSBメモリはSONYのもので、店にあった一番容量が小さくて安いやつ。
といってもいまどき4GBもあるんですが。何気に初USBメモリです。

前に並んでた人と同じ色を選択した自分が悔しい。。。
1、USBメモリをPCにさす
2、PC上で付属ソフトのPlaylist EditorでPC上の音楽ファイルを
  選んでリストを作る(複数リスト可)
3、JUNOにUSBメモリをさす
4、JUNOのSONG LISTボタンを押すとディスプレーにプレイリストが出るので選ぶ
5、上下ボタンで曲を選んでSTART/STOPボタンを押す
まあさくっとやってみたところこんな感じでした。
MP3ファイルとMIDIの再生音量はファイル種別ごとに設定できるので、曲ごとの
音量の調節やなんかも大丈夫そうです。
ちょっと期待したんですがTEMPOボタンが機能するのはMIDIファイルの場合のみでした。
MP3の再生はスピード変わりませんねー。

前回の日記に書いたASIOの不具合、サウンドボード側の問題だというのを
確認するために、Cubase5の体験版とか入れて試してみようと思ったのだけど
Cubase5って体験版ないっぽいですね。サイトを軽く見た感じだと見当たらない。

2 Comments

コメントを残す