IPadやiPhoneにギターが繋げるアンプシミュレーターアプリまとめ

Pocket

まず、iPhoneにギターを繋ぐ機器を買おう

iPadにはアンプシミュレーターアプリが充実しているので、
iRigやApogeeといったギターを繋ぐ機器を購入すれば、あとはいつでもどこでもギターライフが楽しめます。

Apogeeの方が音質のレビューが良かったのでそちらを購入しました。

iOSアンプシミュレーターアプリ一覧

Garageband – Apple公式。アプリ内課金500円でFull版にすると、アンプやエフェクトなどが増えるのでお勧め。

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_135x40_1004

 

Bias – アンプの中身をいじれるアンプシミュレーター。Jumpupという別のアプリや、ハード製品も出していて実は有名。


 

Bias FX – こちらはアンプシミュレータに加えてエフェクターも使えるBias。しかしiPad版のみ。私は2017年現在、メインで使ってます。


 

ToneStack – yonacのアンプシミュレータ+エフェクター。とにかくアンプとエフェクターが多い。

 

Amplitube – Fender、マーシャル、ジミヘン版など、それぞれ1900円で高い。音はまあ普通といった印象。

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_135x40_1004

 

Mobile POD – Line6製品のギター接続インターフェースを買わないと使えないようになっており、音が確認できず。

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_135x40_1004

 

Ampkit+ – アプリを購入しても、まだアプリ内課金で買うエフェクターなどが残っており、すべて集めるには高い印象だが、無課金の体験版で使えるアプリ1種だけ試しても、気持ち良いサウンドな印象。私はこれを購入しました。

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_135x40_1004

 

ampkit+

Tags:

人気記事一覧

コメントを残す