Windows7 Professional購入

Pocket

最近メモリを増設したので、今後のために
Windows7の64bit版を購入しました。


Professional版以上だと、XPモードといってWindows7の中に
WindowsXPが立ち上がっているウィンドウが作れる機能が使えるので、
音楽関係の機器の対応が心配な私はProfessionalエディションを購入。
通常のソフト売り場で買うと3万近くとられます。
が、PCパーツ売り場へ行くと、フロッピーと一緒に買うことが条件ですが
2万ジャスト位でProfessionalが買えます。
ただし、これは64bit/32bitどちらかしか入ってないものなので、
64が動くか賭けで買いました。
そもそもの目的が4G以上のメモリを認識させることなので64bitなんですが。
インストールは総計1時間かかりました。
その前に1時間、Cドライブをバックアップしていたのですが
インストールが終わってみるとWindows.oldというフォルダで勝手にCドライブを
バックアップしてくれていたorz 自分でバックアップした1時間はなんだったんだー
XPモードはインストール後、自分で追加でインストールする必要があります。
以下のページ。
http://www.microsoft.com/windows/virtual-pc/
これはバーチャルPCで、慣れてる人ならわかると思いますがこれ自体は
インストールは一瞬です。落として入れればもうXPがウィンドーで起動できます。

感想

Windows7の感想ですが、まだクリーンインストール時だからでしょうが少し
Vista32bitのときより早い。
あと右下にデスクトップを表示するの枠ができたので非常に押しやすい。
デザインが少し楽しい。Vistaは思えば2年使って1度もデザイン変更しなかった・・・
Windows7のテーマは無料で公式から追加でダウンロードできます。
→ こちら
自分でも作れそうな雰囲気?

ソフトの対応状況

何か動かなかったら追記していこうと思います。

Sleipnir OK
Firefox OK ダウンロードサイトには動作は保障しないと出るが動く
Thunderbird OK 同上
モンスターハンターフロンティア OK 公式対応。
iTunes OK
本命
Guitar Pro5 OK
Guitar Rig 4 Pro OK 新規インストールなので3は必要ないので入れない
Rig Kontrol3 OK ドライバ対応
SONAR 8 Producer OK (64ビット版のインストーラーしか試してない)
SONAR Home Studio 6 OK (64ビット版のインストーラーしか試してない)
Addictive Drums △ windows7に対応済みなものの32bit版しかない。
 ただSONARは64ビット環境で32ビットVstを普通に読み込める(BitBridge)結果、普通に動いた。
 が、32ビット版プラグインはメモリは2Gまでしか使えない。
Vocaloid2シリーズ(鏡音リンで試した) 32ビットアプリだけど動いた。
バッファサイズ50ms(最短)で雑音がなくなったwなぜw

ハードの対応状況

ロジクールQcamPro9000 つないだだけでドライバとソフトが入った。
ロジクールRumble Pad2 つないだだけで使えた。
AKAI LPK25 つないだだけで使えた。公式から落とせるエディタも32ビットだけど使える。
Buffaro USB無線LANアダプタ WLI-UC-GN 64ビットだとXP/Vista/7によらず子機モードのみw
32ビット版ならWindows7も対応している。
親機として使えないのでドラクエのクエストが落とせないw
64ビット全滅だとXPモード使ってもだめだな。
ドライバページ。更新に期待。

パフォーマンス

OSについているパフォーマンスの画面。
Vistaと同じものという保障はないが、
Vista32bit → Windows7 64bitで
CPU 5.2 → 5.9
ゲーム用のグラフィックス 5.4 → 5.2
ほかは変わりなかった。
Vistaのときもそうだったけど、GeforceのドライバはOSでてから
半年位でドライバがどんどんチューニングされたのが出て
最終的にスコアが0.3くらい伸びたので、今後にも期待。

人気記事一覧

コメントを残す