1万円でお釣りがくる!JOYO JW01でエレキギターをワイヤレス化!

Pocket

こんにちわ。
友達に誘われ、とあるバンドセッションサークルに隔月でギターを弾きに行くようになった、
バンド初心者のsirenです。

安価なギターワイヤレスを買ってみた

Steinbergerのように小さいギターを買ってみたり、
エフェクターやアンプシミュレータをiPadに集約してみたりしているうちに
・・・この時点で結構珍しい目で見られて注目を集めますが、
シールドが邪魔だなぁと。

なにか手軽にギターをワイヤレス化出来るものは無いかと調べていたら、
ありました。

10,980円。安っ

ということで、JOYO JW-01というエレキギター用ワイヤレス・システムを買ってみました。

開封の儀。

IMG_20150420_215851

IMG_20150420_215955

JOYO JW01を使った感想

  • 中身がスッカスカかと思うほど本体が軽い。軽いのは良い事。
  • 音は高いシールドと比べると、少しこもっている感じになる。
  • 充電は1時間ぐらい、受信機も送信機もUSBで充電できる。
  • 使用は1回の充電で4時間ぐらい。
  • 同じ物を買った友達と一緒に同じ空間で使ってみたが、2対で使っても混線は全くなかった。
  • 無音の時、微弱だがサーっというホワイトノイズがある。が、昔買ったやすいギターに比べれば全然気にならないレベル。
  • 有名メーカーの普通のワイヤレスは受信側に電源が必要なため、どうしても邪魔だし、しかもセッティングが手間。それに比べてJOYOのタイプは、ギター側もアンプ側も刺すだけ。この恩恵が大きい。
  • コスパが良い!

少しでも良い音が欲しいレコーディングには使わないだろうけど、練習中やライブではシールドが無いというのはすごい快適。

私の使用例(機材紹介)

なんといっても安いし、買って意外と値段以上の体験が得られる物だと思うので、オススメです。

さて、実際にうちでJW-01を使っている時の構成を紹介します。

まず最小構成。ほぼこれです。
wpid-wp-1439479077292.jpg

うん、これだけで良い音です。無線でギターが自由だ・・・。

iOSでエフェクトをかけたりmp3を流しながら弾くときはこんな感じ。
wpid-wp-1439479174462.jpg

ギターが自由だ・・・。

最後に、PCやMacにオーディオインターフェースで接続するとき。
wpid-wp-1439479246072.jpg

オーディオインターフェースも込みのこの構成もたまにやります。
ギターが自由な上に、うちのPCには無線ヘッドフォンが接続されているので、スピーカーまでワイヤレスに!!最高ですね。

こんな感じで無線だと、お家やカラオケルームやスタジオなど狭いところでストレス無くギターを弾くことが出来るので、オススメです。

ちなみに、私は機材は出来るだけ少なく、エフェクターはiPadのみにまとめています。
そんな環境のiOS用アンプ、cube liteの紹介記事も書いていますので、よかったらどうぞ。

Joyo JW01の紹介動画

Joyo JW01の紹介動画があったので貼っておきます。

近い商品が最近はいくつかあるので貼ってみました。後発のほうが性能が良い可能性があります。
2017年7月追記。
最近はAmazonからJOYOが品薄になりつつあり、比較的新しい
「XVIVE エックスバイブ ワイヤレス・ギターシステム XV-U2」
が人気となっているようです。

人気記事一覧

コメントを残す